BLOG

ALOHA!

ハワイ行きまで1カ月を切りました。全然実感はないのですが。

最近は、ハワイでも夫とは別行動をすることが多いので、Wi-Fiはひとり1台必要です。

いつも、価格ドットコムを通じて、グローバルWi-Fiを申し込んでいます。


今回も同じように、価格ドットコムを覗いてみたら……。

私の見間違い???

4Gの通常プランがなんと1日100円!

二人で10日借りて2000円です。

私の見間違い? と何度も見直してしまいました。

これは申し込むしかありませんよね。

結局、毎回使っているグローバルWi-Fiで、二人で10日間、2200円になりました。

ちなみに、オプションの「安心保障パック」(破損や紛失、盗難保障とモバイルバッテリー)は1日あたり500円ですが、今までも申し込まなくて困ったことはなかったので、今回もなしで。


これがグローバルWi-Fiからのメール割引で同じ条件で申し込むと、18,430円!!!!!

なんと、16,000円以上の差となりました。

とってもお得なのですが、いったいどういう仕組みなんだろう? と首をかしげてしまいます。

申し込んだけど、大丈夫かなぁと、一抹の不安は残りますが。

夫が誤って申し込んでしまったESTA代行サイトに払ってしまった分くらいは取り返せたかな。


ALOHA!

基本的には、JALのマイルを貯めています。


しかし……

正規でチケットを買うとなると、若干安いので、何回かに1回、ハワイアンを利用しています。

ハワイアンは羽田便もありますし。




日本、ホノルル間のマイルは貯まらないだろうけど、ホノルルから離島に行けるマイルが貯まればいいな……くらいの気持ちです。


実は、来月末に、ハワイへ行くことになったので、そうだ、マイルでホノルルからハワイ島へ行こうと思って、サイトに行ったところ。


あれれ? マイルが足りない。


詳細を見たら、2015年の5月に乗ったはずの、日本→ホノルル、ホノルル→ハワイ島、ハワイ島→ホノルル→日本のマイルの記載がありません(涙)。


規約を見たら、なんとハワイアンに18カ月間乗らないとマイルは消失するとのこと。確かにこのときの次にハワイアンに乗ったのは2017年5月。24カ月経っていたんですね。


JALは、毎月、メールで知らせてくれるので、マイルが消失するなんて、考えたこともありませんでした。


そして、2017年5月のマイルも、今年の11月までにハワイアンに乗らなければあやうく消失するところでした(´Д`) 偶然とはいえ、気付いてよかった^^;


今回、ハワイアンでホノルルを往復すれば、離島を往復するのに十分なマイルが獲得できます。来年は(行けるのか?)、まだ行ったことのない、カウアイ島に行ってみようかな。


ALOHA!

友人がESTAを申請しました。


Googleで「ESTA」と検索した


友人「前に申請したときよりずっと簡単なんだよねぇ」

私 「どのページから申請したの?」

友人「どこって、Googleで検索したら出てきたページだよ」


検索ページはこちらです。

2,470,000,000件ひっかかりました。


上2つは「広告」ページであることを明記しています。


友人はなぜか上から5つ目にある「ESTA(エスタ)申請ウェブサイト:ESTA Online Center」を選んだようです。


私  「どうしてそのサイトを選んだの?」

友人「説明がわかりやすかったから」


$14が7,236円に!?


確かにページを見ると、公式サイトよりずっと詳しくわかりやすく説明が書いてありました。それっぽいマークやアメリカ合衆国の国旗があるなど間際らしいのですが、代行業者のページでした。トップページには代行業者であるという記載も見当たりませんし、 費用についても触れていません。


よ〜く見ると、ページの下の方に、「ESTA(エスタ)の支払い方法解説」というリンクがあって、飛んだページには、「申請代行料金 米国への申請料14ドルに加え、代行サービス料を頂戴いたします 米国国土安全保障省申請料($14) + 申請代行サービス料 = 7,236円(税込)」と記載されていました。


自分で「ESTA申請公式サイト」で申請すれば$14で済むのに、高い代行料を請求されてしまったのです。申請後に届いたメールにも、費用について書かれていなかったので、多くの人は、カードの請求が来て初めて、代行業者を通じてESTAを申し込んでいたことに気付くと、ネットに書いてありました。


個人情報はだいじょうぶ!?


実際に申請はできましたし、文字が小さいとはいえ代行と書いてあるので、違法ではないのでしょうけれど……。しかし、知らない会社に、超センシティブな個人情報を渡してしまったことにもなるので、悪用されることはないか……。それが心配です。


ESTA申請公式サイト」のヘルプページには、下記のようなQAがあります。

「米国政府は個人データのプライバシーをどのように保護し、また誰がそのデータにアクセスできますか。」
「  ESTAウェブサイトで申請者が送信した情報は、類似の渡航者適格性審査に関し定められたものと同等の、厳重な個人情報保護規定および規制に従うものとします。本情報へのアクセスは、職務上把握する必要のある担当者に限定されます。」


自分で「ESTA」を申請するとき


自分で申請するときは、

ESTA(エスタ)申請 | 在日米国大使館・領事館」のページ(上から3番目)を入口にして、「ESTA申請公式サイト」ページへ飛ぶか、直接、「ESTA申請公式サイト」ページ(上から4番目)を叩くかのいずれかです。

「ESTA申請公式サイト」には、「申請毎に14ドルの費用が徴収される」ということがトップページに記載されています。


こちらが「ESTA申請公式サイト」のホームページです。

代行業者のWebサイトとマークは違っていますね。


しっかり確認をしないまま申請してしまった友人が悪かったといえばそれまでですが、なんだか釈然としないのです。


ESTAの申請をするときは、自分で申請するのか、代行業者に頼むのか、もし頼むならいくらかかって、個人情報についての取り決めがあるのか、しっかり確認してくださいね。


ちなみに、公式サイトのURLの最後の“gov."は、“govemment”、つまり政府。今回友人が間違えて申請したサイトは、“com"、つまり会社、企業です。このあたりも頭の片隅に入れておく、役にたつかもしれません。


ということで、長くなりましたが、エスタを申請するときは、皆さんも気を付けてくださいねというお話でした。

ALOHA!


ハワイに行けない間、ハワイのテレビ番組を見たり、ネットでだれかのブログを読んだり、ガイドブックを読んだりするのが、何よりの私の楽しみです。


そうこうしているうちに、どんどん貯まっていきます(ほんの一部ですが)。



ページをめくりながら、ここへ行きたい、あそこへ行こうと思うのですが、結局、いつもと同じパターン。



これだけ毎年ハワイへ行っているのに、行ったことのない場所の多いこと。そして出かける前にクローズしたり(>_<。)



次は、まだ行ったことのない景色にいくつ会えるかな。おいしいご飯も食べたいな。

でも、もう歳なんだから、詰め込まないように。


空想、妄想……。ハワイへの思いは募るばかりです。


ALOHA!


久しぶりに『ハワイに住む』のサイトを久しぶりに覗いたら、

「高級飲茶レストラン「ヤウアチャ」が8月末で閉店」という記事。


な、なんと!?

5月にハワイに行ったとき、ロイヤル・ハワイアン・センターの「Tim Ho Wan」に夕飯を食べに行ったのだけれど、オープンからまだそんなに時間が経ってないこともあり、メニューが少なくて、なんか物足りない……


そしたら、友達が「YAUACHA」のデザートがおいしかったから、行こうかって。

豪華でおしゃれな店内。

見た目はもちろん、グルメな友人が言うとおりに最高においしいチョコレートケーキに大満足!

ミシュラン一つ星。


「きっと飲茶もおいしいはず。次は絶対飲茶を食べよう」と思っていたのに。

残念(>_<。)

確かに、まだ21時過ぎだったけれど、お客さんは少なかったなぁ。

高い家賃のワイキキで商売するって大変なことなんでしょうね。きっと。


そういえば、5月のハワイステイのブログ、5日目で止まったまま。ダメダメじゃん(>_<。)


ALOHA!


以前、ハワイ在住の友人が「なかなか行くチャンスがなくて」と話していたシャングリラ邸。理想郷という名前をもつ邸宅、アート。どんなに素晴らしいんだろう。いつかは観たいと思っています。


さて、ここを訪れる方法は、現在、ホノルル・アカデミーオブアーツのツアーに参加するしかありません。日本語ツアーは、「毎週水曜・金曜の両日にホノルル美術館を正午に出発する約90分のツアーで定員は12名」「希望日の二ヶ月前より予約の受け付ける」「入館料は$25」というもの。HPには電話とメールアドレスが記載されていますが、英語力がない私はGoogle翻訳を頼りにメール。


5月にハワイを訪れたときは、半月前に苦労して英文のメールを書いて申し込んだが、とき、すでに遅し。いっぱいで参加できないという返事がありました。


今度こそ、リベンジしようと、9月末からの渡ハに合わせて、申し込もうとしたところ、

“Shangri La will be closed to the public from September 24–November 22, 2018 for annual maintenance, conservation and construction. Tours are currently expected to resume by Friday, November 23, 2018.”との告知。


シャングリラツアーについての説明ページ


なんてことだ(>_<。) 再開は11月23日。今回も行けないじゃないか。なんて言っても仕方ありませんけど。行けないとなると、ますます行きたくなるのが人間の常。次回は必ず。って、来年の話をしたら、鬼に笑われますね。


ハワイで虹を見るとまた戻ってこられるそうです。行くたびに虹を探しているわたし^^;


ALOHA!

本屋さんのレジに、『レアレアマガジン』を2冊持って行ったら、おねえさんに「2冊同じ本で間違っていませんか?」と聞かれました。


いいんです! 同じ本が2冊ほしかったんです。

その理由は……

巻末に『LeaLeaトロリー1日乗り放題』のレギュラーパスが付いているんです。このクーポン、$20払えば、「7日間乗り放題レギュラーパス」にアップグレードすることもできます。1日券は通常$29、「7日間乗り放題レギュラーパス」は$49ですから、かなりお得。『レアレアマガジン』を1冊620円、2冊で1240円、払っても、十分おつりがきます。



個人手配で旅行に行くとき、バカにできないのは交通費です。JCBカードやJALのエアを利用すれば、ワイキキ、アラモアナ間のトロリーは利用できますが、カハラモールやダイヤモンドヘッド、ダウンタウンに行くには、タクシーかウーバー、もしくは市バスを利用しなくてはなりません。もちろん、レンタカーを借りていれば話は別ですが。


どこは出かけるにもレンタカーは便利ですが、せっかくだからと、つい予定を詰め込んでしまって、なんか疲れたねぇということになりがち。ヒルトン系列は駐車場代も高くて、滞在中、ずっと借りていると、レンタカー代金より駐車場が上回るという始末。9月はホクラニに泊まる予定なので、駐車場はバレーしかありませんから、なおさらです。


そんなときに見つけたこのクーポン。ハワイに行けば、空港やワイキキのラックにさしてある『レアレアマガジン』は無料。それなのに、わざわざ買うなんて●●じゃないの?とずっと思っていた私。


ごめんなさい! 『レアレアマガジン』あなどっていました! 


追記(20180803)

『レアレアマガジン』は、今回ご紹介したメディアハウス版の他に、講談社版もあるようです。どちらもも巻末にクーポンが付いているようです。



ALOHA!


最近、タイムシェアを利用するようになってからは、お友達を部屋に呼んでちょっとしたパーティーをすることがあります。そのために(朝食もほぼ部屋で食べますね)、日本からいろいろな食品を持ち込みます。


ハワイのことについて書かれているブログで、ときどき「別部屋に連れて行かれた」などというコメントを見かけることもあって、気の小さい私は、けっこう事細かに、税関申告書に書き込んでいます。


とはいえ、とっさに食品の英語が思い浮かばず、毎回、アタフタしていたところ、便利なWebサイトにたどりつきました。


日本郵便の「内容品の英語訳」


このサイト非常に便利です(^_^)v

残念ながら、飛行機のなかにWifiは飛んでいないので(お金を払えば使えるんでしょうけど)、

毎回、飛行機に乗る前に調べて、スマホのメモ帳に書いておいて、それを税関申告書にうつしています。


私がいつも持って行くのは、

そうめん ⇒ Noodle

そば   ⇒ BUCKWHEAT VERMICELLI

そばつゆ ⇒ SEASONING SOY SAUCE

出汁の素 ⇒ SOUP POWDER

この間、スルメをもっていったとき、さすがに載っていないだろうと思っていたら、

“DRIED CUTTLE FISH” だって。

あとはおみやげに羊羹(SWEET RED BEAN JELLY)だったり、軽い海苔(LAVER)だったり。


少ない得意料理のひとつ、カレーを友達に作ってあげたいんだけれど、アメリカへは肉のエキスの入った食品の持込NGでカレー粉を持って行けないのが、ちょっと残念。唐揚げ粉やインスタントラーメン類も持ち込めないんですよね。

この間、インターナショナルマーケットプレイスに新しくできた日本のスーパー、ミツワをのぞいてみたら、カレー粉も売っていましたが、でも高い(´Д`)

日本から持って行けたらいいのにな。


ちなみに、日本郵便の「内容品の英語訳」には、食品以外の単語も載っていて、眺めているだけでもけっこう勉強になりますよ。



ALOHA!

久しぶりに家にいた土曜日の夜。

BS日テレ「ハワイLovers~オアフの魅力100%~」を夫と見ました。

ハワイの番組は週の初めにチェック。見られるときはふたりで、見られないときは録画しています。


今回は、オアフ島をぐるっと案内。ワイキキに北に西に東に。「ちょっとこの行程は厳しいだろう」などと言いながらの2時間です。


やっぱり波が引いた天国の海は最高。今年は9月にもう1度オアフに行こうと思っているので、早速カネオヘ湾の潮位を調べてみました^^; なんと0なんていう日を見つけたので、早めに申し込もうと思います。滞在中に潮が引くかどうかは、かけのようなものですから。

△ 番組みたいに貸切ボートではありませんが、天国の海の美しさは変わりません^^;


それから行ったことのないアロハ豆腐の工場やルアウショーも次はぜひ行きたいです。

番組を見ながら、また妄想が広がっています。

なんて5月のハワイ滞在のブログが半分も書けていないのに。


それにしても、アリッサがお母さんになって、すっかり落ち着いていてびっくり。

そんなところで年月を感じた私です。


ALOHA!

夏の暑さには強いと思っていたわたしですが、今年の暑さは別(いや、歳のせいか)。

すでに夏ばてして体力が落ちています。次のハワイを楽しみにがんばらなくちゃ。


先日、カイルアに出かけたときのこと。ちょうど夕方だったし、暑くて喉が渇いていたので、どこかでビールでも飲みたいねとなり……。ホールフーズで大好きなコナブリューイングのワイルアウィートの生ビールが飲めることを思い出しました。


ホールフーズでお酒が飲めるのは、カイルアロード側(駐車場と反対)の一画です。カウンターで注文すると、飲み物はその場で、料理は席まで運んでくれます。


▲ あんまり喉が渇いていたので、写真を撮るのを忘れて飲んじゃいました^^; 


夫もふだんはビールを飲まない私も、ワイルアウィートが大のお気に入り。ハワイに着くとまずスーパーでワイルアウィートを買って、冷蔵庫に冷やしておきます。その生ビールを気軽に飲めるのがホールフーズというわけです。


このときのおつまみは、軽めにねとフライドポテト。揚げたてアツアツのポテトは本当においしくて、そのあとディナーの予定にもかかわらず、あっという間にお腹に。



買い物する人を眺めながら、飲むビールは格別。今度はもっとゆっくり来よう。


ALOHA!

ハワイステイ中の朝ご飯。

ローソンのおにぎりがとってもおいしいことは、以前このブログに書きました


それと同じくらいよく食べるのが、ビーチウォークにある髙橋果実店(英語ではヘンリーズプレイス)のサンドイッチとフルーツ。

今回買ったのは、朝ご飯のツナチーズサンドイッチとお友達が遊びに来てくれたとき用のコーヒーアイスクリーム。どれもみんなおいしくてボリューミーです。下の写真は1人前の半量です。1人前を夫と半分ずつ分け合いました。


これにあま〜いパイナップル。パイナップルというと、長男が2歳のとき、黙々とパイナップルを食べていたかと思ったら、急に泣き出してびっくりしたことがあります。何をしても泣き止まず、何があったのかとレストランの人もオロオロするばかり。パイナップルをいっぱい食べたので舌がしびれたのでした。なんていうことをパイナップルを食べながら、夫と話しました。


▲ 食べてみると結構なボリュームです


アイスクリームは遊びに来てくれたお友達のおみやげにしました。ちなみに、ツナチーズのサンドイッチは$3.5でした。


コーヒーはホテルに備え付けられていますから、朝ご飯は二人で$3.5。およそ400円。日本の喫茶店のモーニング並みです。物価が高いワイキキにあってこの値段は本当にリーズナブルで助かります。でも、アイスクリームは$5.25。量が多いけれど、日本円にすると600円くらいと高目です。私の場合は一度に食べきれないので、ちびちびと3日くらいかけて食べています。


最近は、夜は翌朝の朝食用の果物やサンドイッチを買う人、昼間は店先でアイスクリームやソルベを食べる人で賑わっていますよ。


場所は、ちょうど、トランプタワーのビーチウォーク側の前辺りです。

ALOHA!

ハワイで、日焼け止め規制法案が成立。2021年1月から施行されるそうです。

これは、「オキシベンゾンやオクチノキサートについて、海水浴客の肌から流れ落ちたり排水処理施設を通じて海水に流れ込んだりして、サンゴの白化現象や遺伝子の損傷を引き起こす原因となり、やがてサンゴを死滅させるという調査結果」によるもの。※CNN.co.jpより


サンゴを自然を大切にしようという理念はよく理解できる一方、観光業が主要産業であるハワイにとっては、ある意味、厳しい選択だったのかなぁと感じています。次世代に美しい自然を繋いでいこうというハワイならではのこの選択肢を観光客である私たちも守っていかなければなりませんね。


ハワイで日焼け止めといえば、あるオプショナルツアーに参加したときのこと。ボートの上で、周りを気にせず、スプレーの日焼け止めを使う人が多いのに驚きました。「周りの人に気を付けて使ってください」って、何度もアナウンスしているのにね。こんな積み重ねが、珊瑚礁に影響を与えているのかも。法律で縛るしかないのかもしれませんね。